ポケモン

【激ヤバ破産への道】全くの初心者が株式投資をやってみた結果②7日目までの結果報告

おはこんにちばんは。副業おじさんのもだっちです。

2020年10月5日から株式投資を始めた私です、全くの素人で仕組みも用語も何もわからない状態でしたが、YouTubeで勉強したり自分でいろいろ試しているうちに少しずつ株式投資のことがわかってきました。

今回は先週1週間でわかってきた株式投資のことについて、文章にしていこうと思います。これから株式投資をはじめたいという方や、すでにある程度株式投資をしたことあるよという方も少しでも参考になればと思います。

また株式投資の先輩方も、なにかしらコメントいただければ幸いです。

はじめての株式投資

①初期資金40万+20万円でスタート
②デイトレードで精神をすり減らしまくり
③注目銘柄だけにターゲットを絞る
④ゴールデンタイムを意識する
⑤ギャンブルにするかそうでないかは自分次第

①初期資金40万+20万円でスタート

資金40万円で始めた株式投資ですが、途中で20万円追加し、現在証券口座に60万円保有している状態です。

なぜ20万円後で追加したのかと言うと、デイトレードの買い付け余力が無さすぎたからですね。40万しか余力がないと多く持てても人株1000円以下の3銘柄くらいが限界で、今買いたい銘柄があっても持っている銘柄を損切りしないと買えないことが多々ありました。

損切りせずに据え置きしてれば、持ち直してくれた銘柄が多く、出さなくてもいい損失を出す結果になったため、買付け余力はあればあるほど余裕を持った投資ができると言う判断になりこの結果になりました。

20万円追加したからといって、200〜300万円持っている人と比較すると買付け余力のパワーは劣りますが、40万円の時よりとても立ち回りやすくなったように感じます。

②デイトレードで精神をすり減らしまくり

デイトレードは当日伸びる銘柄を、前日から予想したり、当日伸びている銘柄をチャートを見ながら売り買いするわけですが、予想通りに行くこともあれば全く予想に反する動きをすることも多々あります。

株式投資初体験の私にとっては、リアルタイムで保有銘柄の価格が左右するというのは非常に新鮮で面白いのですが、株価がみるみる上昇することもあれば逆に、みるみる落ちていくこともあり、気が気ではない状況で毎日を過ごしていました。

まだ投資経験が1週間しかなく、銘柄を数個しか把握していない私にとっては銘柄の動きとか特徴を覚えるために、とにかく知識より経験が大切だと感じてガムシャラにエントリーを繰り返してました。(今思い返せばチャートを見てしっかり銘柄を分析してからエントリーすればそれでよかった話なのですが、そんな技術は当然今もありません)⇦それでも一筋縄にはいかないけど

トップ画面には今日の伸びている株価トップが上位順に表示されており、この株を買っていれば伸びたのに、と後悔させる上手いシステムになっており、そのような株を釣られて買った途端落ち始めたりとする失敗を何度もしました。

③注目銘柄だけにターゲットを絞る

株式投資をするようになって意識するようになったのは、現在の社会の流れから注目株を把握しそこにターゲットを絞り、確実にプラスをとっていくと言う作業です。

そのためトレードをしていない時も、業績が上がりそうな注目株価をサーチする必要があります。これがまた面白く、世間の流れや企業のことを知る勉強になります。

リアル店舗を持つ小売業やエンタメ業の銘柄は週明けが上がりやすく平日は少し落ち込み気味になったり、逆にネット販売が主の小売業は安定していたり、世間がどのような立ち回りをしているかを知れば自ずとどの銘柄を買えば上がりやすいのかが見えてきます。

また現在の世間の旬となりうる銘柄に注目をすると面白く、例えば10月は「鬼滅の刃」の映画が公開するので映画公開後の「鬼滅の刃」関係の株価は軒並み上がると考えています。

このようなトレンドに沿った銘柄をいくつか把握しておくことで、見ておくべき範囲はぐっと狭くなるため、いろんな銘柄に目移りしないで良くなります。

④ゴールデンタイムを意識する 

日本株を売買できるのは9時〜11時半と12時半〜15時までの間ですが、この中で動きが最も大きい時間帯は「9時〜10時」と「14時〜15時」の2時間のみです。

この2時間に大きな動きをするために、デイトレードをする際はここの動きを把握しておくだけでかなり大きな成果が得られる場合が多いです。

特に朝の1時間は、上がり幅も多い代わりに、下がり幅もえげつないくらい下がることも有るため、前日持ち越しをする場合「逆指値」で大幅に下がる前にしっかり損切りできるように注文を入れておくのが良いと思いました。

⑤ギャンブルにするかそうでないかは自分次第

初心者のうちは特に、高騰中の全く知らない銘柄に手を出したりしがちですが、どちらかというとギャンブルの要素が強いです。

運が良く上がれば良いですが、高騰している銘柄は落ちる時は雪崩のように落ちていくため、自分の買おうとしている銘柄が、高騰中の銘柄なのかそれとも高騰が終了して売られ始めているタイミングなのかを見極める必要があり、わからない場合は手を出さない方が圧倒的に安定します。

私の場合は、利益が取れた銘柄は、ランキングに載っている高騰銘柄ではなく③で紹介した事前に注目をしていた銘柄のことが圧倒的に多かったです。また事前に注目していて買っていた銘柄が高騰銘柄になったこともありました。

高騰銘柄に目移りして手を出してしまう気持ちはわかりますが、「根拠がない買い」は控えた方がいいと身に染みて体験することができました。

もだっちの現在の資産状況

1週間まるまる売り買いを継続している、最高62万5000円まで増えましたが、現在これを書いている2020年10月13日時点でのトータル資金は、61万5000円程度です。

1週間継続してトレードした結果プラス1万5000円なので、まあ悪くない数字です(最初は10万〜20万溶けるのなんて想定の範囲内だったので)

今後もこの教訓を生かして、ぼちぼちトレード頑張っていきますので、今後もよろしくお願いします。

最近の投稿
RELATED POST