ポケモン

環境トップをまとめて対策!「ローブシン」最強説!「カビゴン」「サザンドラ」「トゲキッス」「ギャラドス」「ドリュウズ」

つよすぎる環境トップポケモン

①第3シーズン環境トップ「カビゴン」

「HP」「攻撃」「特防」種族値が高く、

「あくび」「リサイクル」などを使った流し性能。「のろい」「はらだいこ」などを使った積み性能、不利対面でもなんとかしてくれる高いポテンシャル。

不利対面でも異常な耐久値で、苦手な格闘ポケモンでさえ「カウンター」でなぎ倒す。

②最強ドラゴン「サザンドラ」

「あく」「ドラゴン」という固有タイプと、地面無効の特性「ふゆう」で、優秀な耐性で、「はがね」「ゴースト」タイプとの相性保管が優秀。

高い特攻で、サイクル戦でも積みアタッカーとしてもとても強い。

③高種族値壊れ特性「トゲキッス」

「てんのめぐみ」で追加効果発生の「エアスラッシュ」6割ひるみを押し付けてくるため、トゲキッスより鈍足は、4割の確率でしか行動ができない。

その上、ダイマックス技の「ダイジェット」で素早さを上げてくるため、誰にも手をつけられなくなる。

④お手軽強すぎ抜きエース「ギャラドス」

特性「じしんかじょう」で、一体倒す度に「攻撃」ランクが上がる。「ダイジェット」が使用可能で「攻撃」と「すばやさ」を同時に上げてくるため、一体倒されると誰にも手をつけられなくなる。

前作では必須だった「りゅうのまい」は、もはや要らない為、フルアタで技範囲を広げ、抜き性能に磨きをかけている。

⑤器用なクソモグラ「ドリュウズ」

特性「ふゆう」に通らないはずの地面技を通し、「ばけのかわ」や「がんじょう」も貫通してくる異常な特性「かたやぶり」と、受けポケモンを破壊する「つのドリル」

天候が「すなあらし」になるだけで、素早さが2倍になり、「つるぎのまい」と合わせて異常な抜き性能を発揮する。特性「すなかき」

これらのポケモンに全てを倒せるポテンシャルがあるポケモン

ローブシン最強説!!!

まさかの脳筋

格闘単タイプのこのポケモンは、鈍足ながら広い技範囲と高い攻撃力、物理耐久を兼ね備えているが、特殊方面はからっきしのいわゆる脳筋である。

なぜこの脳筋ポケモンが、この環境トップ達に太刀打ちできるのだろうか。

①対カビゴン

弱点をつける格闘タイプということで、純粋に強い。鈍足のローブシンでも上から叩ける。

カビゴンのHP種族値が高いため、ドレインパンチでの回復量がとても高い。

カビゴン側の勝ち筋

耐久が高すぎるため、一撃で落とせない。カビゴン側の勝ち筋は「カウンター」か「のろい」を先に積んでおく事。

②対サザンドラ

同じく弱点をつける「あく」ポケモン。特性「こんじょう」補正込みの「マッハパンチ」は、無振サザンドラなら7割近くダメージを入れれる。

サザンドラの勝ち筋

他ポケモンで削りを入れれば、マッハパンチで縛れるが、対面で「りゅうせいぐん」を打たれると一撃で落ちてしまう。

③対トゲキッス

トリックルーム下であれば、特性「こんじょう」発動させて、ダイマックス技「ダイロック」や「ダイサンダー」で殴れば、ダイマックスしていないトゲキッスは一撃で落とすことができるため有利。

トリックルームがないと負けてしまうが、トリックルームがあれば良いので有利です。

トゲキッスの勝ち筋

トリックルームが展開されていない状況。

④対ギャラドス

4倍弱点の「かみなりパンチ」さえあれば、ローブシン有利。対面で「ダイジェット」を打ち込まれたら負けてしまうが、こちらも「ダイサンダー」を打てば、相手のダイジェットを耐え、対面でも勝てるため有利。

またギャラドス入りの構築を相手にする場合、有利対面では、積極的に「かみなりパンチ」を押して行きたい。

ギャラドスの勝ち筋

「いのちのたま」を持たせれば、ダイマックスしたHAローブシンならば確定1発。

あとトリックルームがなければ「じしんかじょう」で攻撃力を上げていれば勝てる。

⑤対ドリュウズ

ローブシンの高い防御種族値で、ドリュウズの攻撃を1度は耐えることができ、鋼タイプに抜群で通る格闘ポケモンのため、有利。

無振ドリュウズなら、特性「こんじょう」補正込みの「マッハパンチ」で7割近く。「ドレインパンチ」ならば確定1発をとれる。

高い確率で引いてくるので、裏を考えて交代読みするのはあり。

ドリュウズの勝ち筋

もはや無い。

最近の投稿
RELATED POST