ポケモン

【ポケモン剣盾】化石ポケモン「ウオノラゴン」エラがみを最高に活かせ!【種族値と育成論】

ウオノラゴン

ポケモン剣盾の化石ポケモン!

今作の化石ポケモンは「キメラ」をテーマに作られており、人間のエゴで合わない上半身と下半身をくっつけられて産まれた可愛そうな生命体です。

「ウオノラゴン」

魚の顔がついてる体!

「ウオチルドン」

顔が上下逆?

「パッチラゴン」

ギクシャクしてる

「パッチルドン」

風邪ひいてはる。

今回はこの中で、対戦環境でも使用される」ウオノラゴン」について書いていきます。

ウオノラゴンのタイプ

「みず」「ドラゴン」

とても優秀な複合タイプ

弱点2倍:「ドラゴン」「フェアリー」

耐性2分の1:「はがね」

耐性4分の1:「ほのお」「みず」

弱点が少なく、メジャーなタイプの「みず」「ほのお」を4分の1で抑えられるので、しっかり読めば受け出しも可能。

ウオノラゴンの種族値

種族値

HP 90
攻撃 90
防御 100
特攻 70
特防 80
素早さ 75
合計種族値505

攻撃、防御面どちらも、平均的で当たり障りのない種族値です。

種族値的に耐久型は厳しく、

種族値も覚える技も物理に依ったものが多い為、自ずと物理アタッカーとしての採用になるでしょう。

物理アタッカーの採用の際に、注目すべきは

こうげき種族値「90」と、すばやさ種族値「75」です。

アタッカーの中では強くない。むしろかなり弱い方に分類される為、対戦環境での採用は厳しそうですが、、

なぜこの「ウオノラゴン」が活躍できるのでしょうか?

ウオノラゴンのとくせい

「がんじょうあご」

キバ系の攻撃技の威力を1.3倍にする。

あごやキバを使って攻撃する技『かみつく』『かみくだく』『ひっさつまえば』『ほのおのキバ』『かみなりのキバ』『こおりのキバ』『どくどくのキバ』『サイコファング』の威力が1.5倍になる。

「ちょすい」

みずタイプの技を受けると体力を4ぶんの1回復する。

「すなかき」

「すなあらし」状態の時、「すばやさ」が2倍になる。

「がんじょうあご」で採用されている

対戦環境で多くみられる「ウオノラゴン」はとくせい「がんじょうあご」で使われている事がほとんどです。

耐久性方面の種族値が高くなく、「ちょすい」で採用するなら「ラプラス」のほうがHP種族値が高く強いです。

専用技「エラがみ」

ウオノラゴンの強さはこの「エラがみ」と言う技です。

「エラがみ」

水技。タイプ一致

威力85 命中100

先制で打つと威力が2倍になる。

どこまで威力が上がる?「エラがみ」

威力85の「エラがみ」が、

「タイプ」一致で1.5倍➡︎127

さらに「がんじょうあご」で1.3倍➡︎165

さらに「先制」で2倍➡︎330

さらに「大雨」状態で1.5倍➡︎495

「こだわりハチマキ」を持たせて1.5倍➡︎742

尋常じゃない破壊力になります…

他の技構成

「げきりん」

ドラゴン技 タイプ一致

威力120 命中100

2から3ターンの間攻撃し、終わると混乱する。

タイプ一致だし、あった方が良い

「かみくだく」

あく技

威力80 命中100

20%の確率であいてのぼうぎょを1段階さげる。

「ゴースト」「エスパー」タイプへの打点として、「がんじょうあご」の補正も乗る。

「こおりのキバ」

こおり技

威力65 命中95

10%の確率で相手を怯ませる、もしくは「こおり」状態にする。

「水」タイプが刺さらない「くさ」タイプ対策に。

「がんじょうあご」の補正が乗ります。

「アイアンヘッド」

はがね技

威力80 命中100

30%の確率であいてをひるませる。

苦手なフェアリータイプに。ひるみ効果が地味に強い。

「サイコファング」

エスパー技

威力85 命中100

相手の「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」を無効化し、ダメージを与え、破壊する。

あまり知られてない方の壁破壊技。

「ドヒドイデ」と格闘タイプへのピンポイントになる

「けたぐり」

格闘技

相手の重さによって威力が変動する。

ダイマックス状態の相手には効かない。ダイマックスして打てば、威力固定の「ダイナックル」になる。

はがねタイプ対策に。「アーマーガア」には等倍なので微妙か

「ストーンエッジ」

岩技打点

威力100 命中80

岩技の物理技は全て命中不安定。

「ひこう」タイプ対策に

がんせきふうじ

岩技打点。

威力65 命中95

相手のすばやさランクを1段階下げる。

先制を取るために打つ技。交代読みや起点作りにもなる。

「じしん」

地面技

威力100 命中100

「ドヒドイデ」や浮いていないはがねタイプへ

じならし

地面技

威力60 命中100

相手のすばやさランクを1段階さげる。

先制を取るために打つ技。交代読みや起点作りにもなる。

ウオノラゴンの活かし方

とにかく「先制」をとる工夫を!

専用技の「エラがみ」は先制で打つことさえできれば、威力330の攻撃技になる為、

等倍であっても耐えられるポケモンはそうはいません。

とにかくこの「エラがみ」を先制で打てるような技構成を考えてあげよう。

「こだわりスカーフ」型

もっともポピュラーな使い方が、この「こだわりスカーフ」持ちです。

同じ技しか出せませんが、技の威力が2倍になります。

もう「エラがみ」しか打たないと心に決めたウオノラゴンに、サブウエポンなんてもう飾りのようなものです。

「タスキ」「がんせきふうじ」型

「きあいのタスキ」を持たせ、一撃を必ず耐えその隙に「がんせきふうじ」を当て素早さを逆転します。

「あられ」「すなあらし」などの天候や、先制技で縛られてしまいますが、すばやさダウンで後続のサポートもできるのでとても強いです。

「トリックルーム」構築。

「ミミッキュ」や「ブリムオン」などに「トリックルーム」を展開させ、上から殴っていく型。

ウオノラゴン自体が「すばやさ」種族値75で早くも遅くもない為、同種族値帯だと抜けている抜けていないが判断し辛い。

ウオノラゴン自体も「がんせきふうじ」や「じならし」を搭載し臨機応変な戦い方が求められる。

「ねばねばネット」構築

「ツボツボ」や「デンチュラ」などねばねばネットを撒けば、地面についているポケモンは全て登場時に「すばやさ」が1段階下がる。

バタフリーのハメ展開にも通じる

またこの相手ポケモンの、「すばやさを下げる工夫」は、以前書いたバタフリー育成論にも同じようなことを書いていますので、そちらも参考にされてください。

最近の投稿
RELATED POST