ポケモン

【ポケモン剣盾】きせきテブリムで起点作り!?ほっぺすりすりめいそうバトン型!【種族値と育成論】

テブリムって進化前じゃないの?

テブリムは前記事で紹介した「ブリムオン」の進化前ポケモンです。

今回は「ブリムオン」ではなく、この「テブリム」にしかできない戦い方を紹介していきます。 

テブリムの種族値

HP 57
攻撃 40
防御 65
特攻 86
特防 73
素早さ 49
合計種族値370

出典:ポケモン徹底攻略様

ごく一般的な進化前種族値ですが、何故テブリムを使う必要があるのでしょうか?

今回注目すべきは「ぼうぎょ」「とくぼう」の数値です。

持ち物「しんかのきせき」

持ち物は「しんかのきせき」で確定。

進化前のポケモンが持つと、「ぼうぎょ」「とくぼう」が1.5倍になり耐久がとても上がる。

今作よく「しんかのきせき」が採用されるポケモンは「サニーゴ」「タイプ・ヌル」、最近は有名実況者が「クサイハナ」を使って話題になりました。

今名前が上がったポケモンほど耐久力のない「テブリム」をあえて使う理由を説明します。

とくせい「マジックミラー」

ブリムオンの回でも取り上げましたが、

このマジックミラー自分に対して飛んでくる変化技を全て跳ね返す。というとんでもなく強い特性です。

今回はこのマジックミラーを盾に、やりたいことをやっていく型です。

ほっぺすりすりめいそうバトン型

この型のコンセプトとしては、「ほっぺすりすり」で相手をまひ状態にして、「めいそう」を積み、「バトンタッチ」で後続のエースにつなげる。といった型です。

バトン先は先日記事で紹介した

害悪トゲキッスやマホイップ、サザンドラ、ヌオーなんかもいいと思いました。

記事に書いてないですが、ジュラルドンのような耐久が高い特殊アタッカーも後続に向いています。

確定技

「ほっぺすりすり」

電気技

威力20 命中100

相手を100%の確率で相手を「まひ」状態にする。

「めいそう」

とくこう、とくぼうランクを1段階ずつあげる。

積み技、どんどん積んで硬くなります。

「バトンタッチ」

交代先のポケモンに、能力変化を引き継ぐ。

めいそうであがった能力を、後続に引き継ぐことができる。

候補技

あと1枠は自由枠になるが、「めいそう」でとくこうが上がることができるので、攻撃技が良いと思われる。

サイコキネシス

エスパー技打点。威力90

命中100

10%の確率で相手のとくぼうをダウン。

テブリムはエスパー単タイプなので、エスパータイプの攻撃技のみタイプ一致技。

サイコショック

エスパー技打点。

威力80 命中100

とくしゅ技だが、相手のとくぼうではなく、ぼうぎょ力に依存したダメージを与える。

「めいそう」の積み合いに強い。

こうげき技がこの技のみだった場合、物理受けに受けられてしまうという、不思議な事態が起きる。

マジカルシャイン

フェアリー技打点。

威力80 命中100

安定した攻撃技。威力が少し低いのが難点。

ドレインキッス

フェアリー技打点。

威力50 命中100

与えたダメージの4ぶんの3を回復する。

もともと威力が低いため、あまり大きな回復量を見込むのは難しい。

良い技だが微妙。

接触技のため「てつのとげ」や「ゴツゴツメット」などのダメージを受ける。

マジカルフレイム

ほのお技打点。

威力75 命中100

相手のとくこうランクを1段階さげる。

はがね対策。優秀な技。

相手のとくこうランクを下げるため、とくしゅ受けとしての役割も遂行しやすくなる。

アーマーガアの「ミラーアーマー」に打つと逆に受けられてしまうため注意が必要。

ギガドレイン

草技打点。

威力75 命中100

与えたダメージの半分回復する。

ドレインキッスがタイプ一致にならないので、こっちの方が威力が出る。

テブリムの性格

性格

「ずぶとい」こうげき↓ぼうぎょ↑

「おだやか」こうげき↓ とくぼう↑

基本的に耐久が上がり、こうげきが下がる性格で良いと思います。

「ほっぺすりすり」のダメージに期待してはいけません。

気をつけるべき相手

「ミミッキュ」「ドラパルト」「サザンドラ」は努力値を耐久に極振りしていても、いずれもメインウエポンで確定2発とられてしまいます。

耐久は、おなじしんかのきせき持ちの「サニーゴ」や「タイプ・ヌル」ほどありません。あくまで起点作りの為の要因で、耐久要因としての活躍はあまり期待しない方が良いでしょう。

最近の投稿
RELATED POST