ポケモン

【ポケモン剣盾】炎タイプ御三家エースバーンの育成論をゲッコウガっぽく考えてみた【種族値と育成論】

エースバーンが将来有望すぎる!!

エースバーンは強い!?弱い?

今作の炎の御三家「ヒバニー」の最終進化系。

「エースバーン」

このポケモンが将来有望!と巷で噂になっています!

第7世代で炎御三家は、「リザードン」と「バシャーモ」くらいしか、対戦環境では見かけませんでした。

果たしてエースバーンは、現在のカオスな対戦環境で活躍することができるのでしょうか??

エースバーンの種族値

種族値

HP 80
攻撃 116
防御 75
特攻 65
特防 75
素早さ 119
合計種族値530

出典:ポケモン徹底攻略様

種族値だけ見ると、ごく普通の高速物理アタッカーですが、何故に将来有望と言われているのでしょうか??

エースバーンのつよいところ

①隠れ特性「リベロ」

新登場のこの特性の効果は

「自分が繰り出す技と同タイプに変化する。」

という効果で、かつて7世代の対戦環境で暴れに暴れまくった「ゲッコウガ」がもつ「へんげんじざい」と同じ効果を持つ特性なのです。

エースバーンのつよいところ

②広い技範囲と先制技持ち

かつて「ゲッコウガ」も、

「みず」技をはじめ、「あく」「こおり」「くさ」「かくとう」「どく」「むし」など様々なタイプの攻撃技を覚えることができ、

それを特性の効果で、すべて威力1.5倍で打てるというかなりの強ポケモンでした。

(めざめるパワー炎やでんきなどの選択肢を入れるとで、ほぼ全てのポケモンに「ばつぐん」をとることができました。)

そして、今回の主役エースバーンが覚えることができる物理攻撃技は

「火炎ボール」「とびひざげり」「エレキボール」「ふいうち」「すてみタックル」「とんぼがえり」「ダストシュート」「アイアンヘッド」「とびはねる」

炎、格闘、電気、悪、ノーマル、虫、毒、鋼、飛行、の実に9タイプ!!

この9タイプでバツグンがとれるのが、

ノーマル、草、水、虫、岩、氷、飛行、格闘、悪、鋼、ゴースト、フェアリー、エスパー、の実に13タイプです。

尋常じゃない器用さですね…

とくこうが低すぎるので、両刀こそ厳しそうですがそれでも充分な性能です。

夢特性解禁後のエースバーンの型

前作までの「げきりゅう」ゲッコウガを参考に、夢特性解禁後見かけることになるであろう、エースバーンの型をいくつか挙げてみます。

性格は「エースバーン」ミラーを想定して

「ようき」最速固定。

努力値はASぶっぱが基本的な形だろう。

技構成は

①「いのちのたま」型

「リベロ」でタイプ一致となった技をさらに、1.3倍で打てるようになる火力アップアイテム

攻撃技を当てるたび、体力が8分の1削られるというデメリットもあるが、

こだわりアイテムとは違ってわざの打ち分けが可能なため、相手の交代にも対応しやすい。

②こだわりスカーフ型 

同じ技しか出せなくなるが、素早さが1.5倍。

自分より早いポケモンや、「エースバーン」ミラーを想定した型。

実際にこの型ではなくとも、対面した時点でこの型を相手に想定させるだけで、行動を制限することができるため、

スカーフを持っていなくても、スカーフを警戒して有利対面でなぜか後退を選んでくれることもある。

③きあいのタスキ型

HPが満タンの状態であれば、一撃で倒される技を一回だけHP1で耐えてくれる。

対面性能をあげて、1体1で負けないようにしたり、起点づくりをさせる為にも有用な道具。

ただし、エースバーンはゲッコウガのように、「がんせきふうじ」や「まきびし」などの起点づくりに必要な技は覚えない。

④「みがわり」で「もうか」発動型

かつて流行った「げきりゅうゲッコウガ」の炎タイプバージョン

「リベロ」を想定して、引かざるを得ない相手に、無情にも「みがわり」を刺していき、HPを3分の1に減らした所で最大火力の「ダイバーン」をお見舞いする。

ばつぐん3タイプ、半減3タイプの水タイプより、多少通りは悪いが、相手にかなりの負荷をかけることができる。

またHP1/4で発動する能力アップきのみとの相性が良い。

最近の投稿
RELATED POST