子育てドラマーもだっちのブツクサ!
ニュース

SNSから「いいね」数表示が消える!何故?「いいね疲れ」ってどういう事?【Instagram】

SNSから「いいね」数表示が消える!

Instagramは7月18日、投稿の「いいね」数を非表示にするテストを一部ユーザーで始めています。

いいねの数が見られなくなるのは他人が投稿した写真や動画についたものが対象。自分が投稿したものはこれまでどおり確認できるそうです。

何故いいね数を非表示に!?

Instagramのコメントはこうです。

「友だちがどれだけ多くのいいねを獲得したのではなく、シェアした写真や動画を見てほしい」

いいね!の数にこだわらずに投稿してほしいって事かな

「いいね」が欲しい若者たち

そのニーズに応える施設が乱立

2017年「インスタ映え」が流行語になり若者を中心にinstagramへ情熱を注ぐようになりました。

プールなのに泳ぐの禁止のナイトプールといった「映え」を主流とした施設や、カフェなどの飲食店も「インスタ映え」を意識したコンセプトのものやメニューが乱立し、「いいね」を求める若者世代がこぞってinstagramに写真を投稿しました。

チームラボ
https://borderless.teamlab.art/jp
ナイトプール
https://www.jalan.net/news/article/265518/
床が全て白砂のハワイのビーチをイメージした
「砂浜カフェ&バー アリービーチ」
https://aumo.jp/photos/6095
とにかくいいねを欲しているんやね

いいねの数=自分の価値だと錯覚

「いいね」の数にこだわり過ぎて起きる「いいね疲れ」に

やがて「いいね」を求める若者達は、自分の投稿に付く「いいね」の数を他社と比べ始め、一部のユーザーで「いいね」を求めるが余り、

誰にも撮れない個性的な写真や動画を撮影するために過激な表現の写真を投稿したり、

四六時中スマートフォンに噛り付いてinstagramの「いいね」の数を増やす努力をするようになりました。

また、「いいね」に価値を感じすぎて、携帯の通知音の空耳が聞こえるようになったり、

ちょっと何?いきなり頭おかしい人の話?

家族や友人や恋人から「いいね」が貰えなかった場合に機嫌を損ねたり、拗ねたりするユーザーの存在で本人ばかりか周囲までも「いいね」に振り回されるような「いいね疲れ」も話題に上がっています。

なぜこの人にはいいねが付くのに、私には付かないの?みたいな感じ?
https://twitter.com/cure0916/status/1167223402991456256?s=21

良いもののレベルを下げる馬鹿

一部のお馬鹿ユーザーの「いいね疲れ」とか知らんがなと言えば良いのに

常識を外れる過激な投稿をするユーザーや、「いいね」がこないことに対してあまりにネガティブな感覚を持ってしまう様なユーザーは、instagramユーザーの中でごく一部だと思います。

そのごく少数のユーザーの存在を気遣って今回のような

「いいね」数を非表示

を始めているのであれば筆者は少しおかしいな…と感じざるを得ません。

「いいね」数が表示されることで生まれる、他者との競争心や、自分を高めたいと思う向上心はinstagramをはじめ、他のSNSも共通の醍醐味ではないでしょうか。

かつて誹謗中傷やとんでもない虚言、卑猥な書き込みなど、世間的にはグレーラインどころかブラックなものも多数書き込まれていた、ネット巨大掲示板「にちゃんねる」の寛容さが頭によぎりました。

あなたはどう思いますか??

https://twitter.com/ui_mko/status/1167452545737822208?s=21
もだっち

もだっち

THANK YOU for READING

Twitter:https://mobile.twitter.com/ui_mko

DMお待ちしてます

サラリーマン/子育て/ブロガー/愛妻家/jazzドラマー/jazzと嫁とポケモンが大好き

 

RELATED POST