子育てドラマーもだっちのブツクサ!
子育て

赤ちゃん「泣いてもいいよ」ステッカーが話題。子育て世代を中心に支持される。

赤ちゃん「泣いてもいいよ」ステッカー

公共の場で泣き止まない我子

子育ての経験のある方は、乳児や幼児が公共の場で泣き出した時の気まずさを一度は体験したことはあるでしょう。

我が子をあやしてもあやしても、泣き止まない時、周囲の無言のプレッシャーはとても辛いものです。

そんな親御さんたちの気持ちを楽にする

「泣いてもいいよ」シールが話題になっています

https://mamari.jp/19281

WE♡赤ちゃんプロジェクト

社会的に赤ちゃんに愛を向けよう

エッセイスト紫原明子さんの呼びかけにより、子育て世代の親子のために発足されたプロジェクトです。

一人では何もできない1歳前後の小さな赤ちゃん。電車やバス、飲食店の中でギャーギャー泣きやまない状況に慌てるママやパパ…。

でも、自分ひとりでは何もできない、小さな赤ちゃんが泣いてしまうのは自然なこと。 「焦らなくても、大丈夫! その泣き声、わたしは気にしませんよ」という意思表示をして、ママやパパの気持ちが少しずつ でも楽になりますように…。

https://mamari.jp/19281から引用

赤ちゃん泣いても良いんだよ

そんな意思で笑顔を送っても、暖かい眼差しをかけたとしても、親にちゃんと伝わっているのだろうか…

どれだけこちらが気を使って、表情や仕草に出したとしても、

赤ちゃん泣いてもいいんだよ

という意思は伝わらないかもしれません。

「泣いてもいいよ」ステッカーがあれば伝わる

ステッカーがあれば、明確に意思を示すことができます。

WE♡赤ちゃんプロジェクトが広まり、ステッカーで意思表示ができれば

公共の場で気まずい気持ちになるパパママが少しでも減ることになるかもしれません。

もだっち

もだっち

THANK YOU for READING

Twitter:https://mobile.twitter.com/ui_mko

DMお待ちしてます

サラリーマン/子育て/ブロガー/愛妻家/jazzドラマー/jazzと嫁とポケモンが大好き

 

RELATED POST