子育て

【コツコツだけじゃあ】もっと伝わるアウトプットを目指すためのテクニック5選【まだ甘い】

アウトプットを日常的に取り組んでる皆さま

お疲れ様です。

疲れるほど働くな

と和久さんに怒られそうですね。

【踊る大捜査線】和久平八郎の名言【疲れるほど働くな】 私が中学生の頃フジテレビ系列で放送されていたドラマ 踊る大捜査線 織田裕二の演じる主人公青島俊作が様々な事件に立ち...

私たちアウトプッターは毎日の発信から得られる、

スキル

知識

ちょっぴりのマネー

の為に毎日発信を頑張っているわけです。


Twitter
instagram
facebook
CTime
ブログ
note
podcast
youtube
 
発信する媒体は様々あれど
誰かに何かを伝える為のコツは共通していると思います。
毎日発信したいけど良いコンテンツが思いつかない
言いたいことはあるけど、どう伝えていいかわからない

そんな頑張り屋さんの皆様に今回はもだっち流

「もっと伝えるアウトプットを目指す為のコンテンツ作りのコツ」

を伝えて行こうと思います。

コツその1

タイトルはインパクト重視

自分のコンテンツが世に出た時に、1番最初に消費者に触れるのが「タイトル」です。Googleさんでの検索結果でも、SNSでも興味をひくタイトルでなければクリックすることはありません。

コンテンツのタイトルは、音楽アーティストが作品につけるアルバムや曲のタイトルと同じようなもので、あなたの作品のイメージをきめるとても重要な要素です。

私はいかにタイトルを興味を引くものにするか、ブログを書く度に考えています。

コツ2

わかりやすく丁寧に

みなさんある程度ターゲットを決めて、コンテンツを作ると思いますが、あなたの伝えたいことをわかりやすく丁寧に伝えるにはどうしたら良いのでしょうか

①難しい言葉を使わない

会話の中で専門用語や、難しいカタカナばかり使う人ってなんか嫌なかんじしませんか。

聞き手が意味を理解している前提で、わかりにくい専門用語やビジネス用語なんかを様々繰り出されると、言いたいことがスッと入ってきませんし、何より話してて面白くありません。

沢山の人に消費されるコンテンツを目指すには、できるだけ誰が読んでもストレスのない記事を目指しましょう。

 

https://twitter.com/ui_mko/status/1135157596275367937?s=21

最近の投稿
RELATED POST