雑記

★凄すぎ★寝たきり芸人あそどっぐ

おはよーございます

もだっちです

今日は前から気になっていた。

お笑い芸人について書きます。

重度障害者芸人「あそどっぐ」さん

私と同じ熊本在住で、32歳の頃からお笑い芸人をされているそうです。

ちょいちょい地元のテレビで見かけたことあって、

こんな言い方すれば賛否はあるでしょうが

この人ズリィなあと思ってました

こんなん印象に残らんわけないでしょ

個性を生かしまくりです。

脊髄性筋委縮症という病を患い、顔と左手親指しか動かせない「寝たきり」の障害者。

自身の障害をお笑いで笑い飛ばす、コントなどを披露しており、YouTubeでも多く動画を投稿している。

座右の銘は「ブスと障害者は3日で慣れる」

「寝たきりあるある」という独特のネタを始めて見た人は

笑って良いんこれ?

となります。

自分の障害をネタにするお笑いスタイルは真似できるものではないし、しかも普通に面白い。

この、もし寝たきり障害者が、身体障害者だったらという作品は実際に脳性麻痺の方が銀行に強盗に押し入った所、お咎めなしで自宅に送り返された実話を元にしたそうです。

すげーな!このネタ

ってなりました。

障害者は可哀想という社会風刺をネタにした良作
めちゃくちゃシュール
この人にしかできない視点

NHKの番組では小島よしおと一発芸対決しています。

一度見たら忘れられない。

あそどっぐはとにかくお笑いに真剣。彼のYouTubeチャンネルでは、ぶっとんだ企画が様々あり、びっくりするくらい飽きない。

彼の芸風には当然賛否ある。彼が投稿したYouTube動画のコメント欄は、ほぼ全動画、めちゃくちゃ荒れてるどころの騒ぎじゃないくらい論争が各動画に繰り広げられています。

悪い意見は載せませんが物凄い酷いことも書かれています。

私は学生時代知的障害者施設でアルバイトをしていました。彼らは障害者であるからといって腫れ物に触るような接し方をされるよりも、もっと仲良く近い距離で接するのを望んでいる方が多かったです。

お笑い芸人「あそどっぐ」は障害者という立場を個性にしてお笑いをしていますが、その姿勢は障害者という立場の上ではなく、健常者と同じ土俵に立ち堂々とお笑いで上を目指す姿勢がありました。

2017年R-1グランプリは2回戦進出。彼の目標はアメトーーク!のひな壇に「寝る」ことです。

同情は要らない、ただ笑ってほしい

彼の前向きな志、尊敬します。

もだっち

Twitter:https://mobile.twitter.com/ui_mko

サラリーマン/子育て/ブロガー/愛妻家/jazzドラマー/jazzと嫁とポケモンが大好き

最近の投稿
RELATED POST