子育てドラマーもだっちのブツクサ!
子育て

つわり(悪阻)と闘う妻。そのとき夫がやるべきこと①

愛する人のお腹に命が宿っていることがわかり、幸せの絶頂

しばらくして愛するパートナーに待っているのは

長く苦しいつわりです。

(つわりには個人差があります)

このつわりに対する知識が、男性はかなしい程ありません。

私の男友達に妻のつわりの話をした時

「え…何それ」みたいなことを言い出して、

そうか、ナルホド。と思いました。

考えてみれば、私も妻が妊娠直後に

つわりがいかに苦しく、辛いものか、

真剣に何度も説いてくれたためある程度把握出来ているわけであって

妊娠とか妊婦とかにあまり関わりなく暮らしてきている男子は当然のように

つわり…何それ?

となるわけです。

今日は愛するパートナーがつわりになったとき、男子は何をすべきか、どう振る舞うべきかを書いていきます

①知識をつける

自分のパートナーがつわりでどのような状態になるのか、事前に把握していくのが大切です。

たまごクラブや育児本などを読み込んで、知識をつけておきましょう。

一概につわりと言っても、症状にはかなり個人差があり、

妊娠4週目あたりから10週目程で終わる場合もあれば、長い方は臨月まで続くこともあります。

匂いに敏感になり、好き嫌いが変わったり、情緒が不安定になります。

常に何かを口にしなければ気持ち悪くなる食べつわりの人は仕事中も飴玉やチョコレートなどを持ち歩いています。

少しでもつわりについて詳しくなれれば、気遣いができるようになり、パートナーの気持ちも少し楽になるでしょう。

②状況を把握する

私の妻は酷い食べつわりと匂いつわりに見舞われました。

好き嫌いは大きく変化し、不快感なく食べれるものがわからず困惑し、私が食べた物の匂いに気持ち悪くなり吐き、精神的にも不安定になり度々私に隠れて泣いたりしていたそうです。

思ったことはすぐ口にするタイプのため、自分がいまどのような状況か丁寧に教えてくれました。

だからこそ、夫の私は今何をして欲しいのか、何をして欲しくないのか把握することができました。

日々パートナーとコミュニケーションをとることがいかに大切なことがわかりますね。

例え何もしてあげれなくても、理解して心寄り添うことが大切です。

今の体の状態を理解して貰えることは、パートナーの安心感に繋がるでしょう。

③お酒やタバコを控える

妊娠がわかったときから、女性はアルコールとタバコを嗜むことが出来なくなります。

他にも刺身やユッケなどの生ものや、カフェインなど制限されるものは沢山あります。

つわりで食べ物の好き嫌いが変化することもあるため、食に対してとてもナイーブになる事も多いでしょう。

パートナーの許しがあれば問題はないですが、

特にアルコールが好きな妊婦さんは、断酒が辛いようで夫が酔っ払って帰ってくると、イラっとしてしまうこともあるそうです。

匂いにも敏感になるので、普段より一層気遣いが必要になります。

他にも、アルコールが入っている場合運転が出来なくなる為、

もしパートナーの身体に何か異変が起きた場合でも、すぐに対応できるよう

常に素面の状態でいることが理想であるのは覚えておきましょう。

妊娠初期、臨月近くになると特に注意です。

産後の育児の為にも事前に断酒をオススメします。

次回に続きます。

続きはこちら

もだっち

もだっち

THANK YOU for READING

Twitter:https://mobile.twitter.com/ui_mko

DMお待ちしてます

サラリーマン/子育て/ブロガー/愛妻家/jazzドラマー/jazzと嫁とポケモンが大好き

 

RELATED POST