エンタメ

「サイレン鳴らない安全な場所にいる」避難のウクライナ人親子が吹田市長を表敬訪問(2022年4月14日)

0

4月5日に政府専用機で来日したウクライナ人親子。避難生活が始まっています。

4月14日午後、大阪府吹田市の後藤圭二市長の元を訪れたのは、ウクライナの首都キーウから避難してきたヴィクトリア・ロマショバさん(37)と、息子のアンドレイさん(13)です。2人はポーランドを経て、4月5日に政府専用機で来日。現在は、ヴィクトリアさんの母親らが暮らす吹田市に身を寄せて、市営住宅で避難生活を送っています。

キーウでは心理カウンセラーの仕事をしていたというヴィクトリアさん。14日の表敬訪問では、市長に日本での生活について話しました。

(キーウから避難 ヴィクトリア・ロマショバさん)
「“警報のサイレンが鳴らない安全な場所にいる”ということにとても安心しています。日常生活に必要な日本語を勉強したいです」

今も戦火にある母国については、このように話しました。

(キーウから避難 ヴィクトリア・ロマショバさん)
「最後の最後まで“1か月で終わる”と信じていました。キーウを離れたくなかったです」

吹田市は、ウクライナからの避難民に1日あたり最大で2400円の支援金の支給をおこなうとしています。

▼MBS NEWS HP
https://www.mbs.jp/news/

▼最新ニュースや特集を毎日配信 チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

#MBSニュース #毎日放送 #避難民 #ウクライナ人 #来日 #吹田市 #親子 #表敬訪問 #後藤圭二市長

最近の投稿
RELATED POST