エンタメ

映画「告白」衝撃の展開の連続の学園サスペンス:登場人物とあらすじ

おはこんばんにちは。もだっちです。

今回は映画「告白」のあらすじや登場人物について書きたいと思います

ネタバレになってしまうと思いますので、まだ見ていなくてこれから見ようと思っている人は読むのを控えてください。

映画「告白」のあらすじ

映画「告白」は、各チャプターごとに其々の主要人物が心境を「告白」するような形で描かれます。

シングルマザー中学校教師「森口悠子」

映画「告白」の冒頭は、シングルマザーの中学校教師の森口悠子(松たか子)が自分のクラス終業式の時間に自分のクラスの生徒に向けて、想いを語るシーンから始まります。

中学校教師をしている、森口悠子(松たか子)は自分の幼い娘を事故で失ってしまいます。

しかしこれは事故ではなく、クラスの2人の生徒により殺されていたのでした。

第一章はこの事件の真相をクラス全員に赤裸々に「告白」します。

自分の家族が、自分の生徒に殺されてしまった。警察はこれを事件として処理し、実際の犯人へのお咎めはなし。

森口悠子は、「教師として生徒を正しい道に導く責任があると説きます。

人の命を奪っておきながら、何もお咎めなしで今後の人生を生きるのは良いことではありません。

「命の重さを知りなさい」

映画の一番最初の部分。生徒たちが森口から配布された牛乳を飲むシーンでこの映画は始まります。無邪気な音楽が逆に不気味さを煽ります。

思春期に牛乳を飲むといかに体に良い影響があるかを生徒たちに解いているのですが、生徒たちはあまり聞いていません。担任の話を聞かずに自由気ままにホームルームを過ごす生徒たち。この情景をみただけでこのクラスの民度が高くないことを把握できるシーンですが、

この牛乳に森口悠子(松たか子)はHIVに感染した元婚約者の桜宮正義の血液を混ぜたと告白し、クラス一同は驚愕。

そのまま森口悠子は「命の重さを知りなさい」という言葉を残して学校を辞めていきました。

映画「告白」の登場人物

少年A・渡辺修哉

森口悠子に、森口愛美殺害の実行犯として「告白」される生徒の1人。

頭脳明晰で成績は常に学年トップ。自分の発明品を自分のホームページで公開している。

幼い頃に両親が離婚しており、家を出て行った母親の期待に応えられるような人間になりたいと考えている。

自分以外の人間を見下しており、自分の目的の為なら他人の命などどうでも良いと考えているような描写が作中に何度も登場する。

森口愛美殺害を計画した理由も、「自分の発明品を試したい」という自己中心的な理由からだった。

少年B・下村直樹

森口悠子に、森口愛美殺害の実行犯として、「告白」される生徒の1人。

勉強も運動もあまり得意な方ではなく、クラスでは目立たない存在で悩みを相談できるような友人もいなかった。

常に不満を抱えて生きており、自分のノートに死ねと殴り書きしているところを渡辺修哉に見られ、共犯に引き込まれることになる。

新任教師・寺田良輝(岡田真澄)

森口悠子が退職したあと、新学期から後任として同クラスを任せられた教師。生徒と友達同士のように付き合える熱血教師を目指しており、生徒との距離が近く生徒をニックネームで呼び、生徒に自身を学生時代からのニックネームであるウェルテルと呼ばせる。由来は(良=ウェル) (輝=テル)

「森口悠子」の婚約者であった「桜宮正義」を崇拝しており、桜宮のような教師に憧れており、「桜宮ならどうする?」と自問自答しながら行動を選択することもある。

森口の事件のことを知らぬまま赴任した為。「桜宮正義」の著書をホームルームに使用し、熱血授業を始め生徒たちを驚かせた。

生徒たちと時間を過ごしていく中でも森口の事件のことを知らされることはなく、いじめられている渡辺修哉や不登校になった下村直樹へのウェルテルなりの精一杯の対応が、生徒や保護者とずれが生まれ、最悪の方向に事態は進行していく。

同じクラスの生徒・山下美月(橋本愛)

森口悠子の告白を聞いていた女子生徒。作中森口悠子が退職した後の、物語は彼女の語りで進んでいく。

クラスの学級委員で、意志が強く渡辺修哉がクラス全員にイジメを受けていた状況でも山下美月だけはイジメに参加する事はなかった。

本人も小学生の頃にいじめられていた過去があり、ウェルテルがクラス全員をニックネームで呼ぶ事になった際にその当時のあだ名「ミズホ(美月のアホの略称」がぶり返される。

修哉がコンクールの優秀賞を取った日に報道された、殺人事件の犯人(ルシファー)を崇拝しており、修哉と打ち解けた際そのことを初めて他人に打ち明けた。そのことを当然修哉はよく思っていない。

少年Bの母・下村優子(木村佳乃)

少年B・下村直樹の母親。典型的な息子想いの過保護な母親像が具現化されているような性格と考え方をしている。

自分の息子を過剰に愛するがあまり、「やればできる子」と子供に吹き込み続け過剰な期待心を煽り息子を追い詰めたり、自分の息子に娘を殺された母親(森口悠子)を目の前にして、殺された子ではなく友人に唆されてそのような境遇に陥ってしまった息子に対して「可哀想に…」という言葉を吐いてしまう。

映画冒頭の森口の告白後、家に引きこもってしまう息子と、解決しようとして空回りする新担任のウェルテルの無能ぷりに悩まされ、次第にやつれていく。

事件に至るまでの経緯

幼い頃、離婚が理由で母親と別れることになった「渡辺修哉」は、母親に自分の存在や実力を認めて欲しいと思うようになります。自分が作った発明品が世間に評価されれば、また母親が自分に振り向いてくれると考えました。

全国のコンクールで修哉の発明品は優秀賞を取るものの、同じ日に同世代の子供が、青酸カリを使った殺人事件が世間を賑わせた事により、修哉の発明は世間に知れ渡ることはありませんでした。

「渡辺修哉」は自分の目的を遂げるためには、「殺人」しかないと考えるようになる。

少年B・「下村直樹」は日常に不満を抱えており、たまたまゲームセンターに立ち寄ったのが学校にバレてしまい、ペナルティとして1週間のプール掃除を命じられる。その時迎えにきた教師が森口悠子ではなく、他のクラスの男性教師だった為に「森口悠子」や「迎えにきた男性教師」に対して恨みを持っていた。

修哉が作った電気ポシェットの実験台として、制裁を与えるべき相手を「迎えにきた男性教師」「森口悠子」を挙げるが修哉に拒否され、その次に候補にあがった「森口愛美」がターゲットになった。

最近の投稿
RELATED POST