エンタメ

私、着信拒否されてる?『ずっと話し中』ってどんな状態??

おはこんばんにちは。もだっちです。

スマホ販売員をしているとお客様から、特定の相手に電話がかからなくなったと相談を受けることがあります。

その中でもよくあるのが、いつかけても話し中になって繋がらないという質問です。ご夫婦で来店され、奥様から旦那様にかけても『ずっと話し中』になって繋がらない。どうしたら良い?という内容です。

確かにいつも電話をかけたら話し中の人っていませんか?

なぜずっと話し中なんだろう、もしかして着信拒否されてるのかも。と疑心暗鬼になってしまいますよね。

今回は「ずっと話し中」の状態の謎を解明します。

なぜずっと話し中になるの?

そもそも相手の電源が切れていたり、圏外にいる場合はガイダンスが流れるはずです。

ということは『電源オフ』『圏外』の可能性はないと考えられます。

『ずっと話し中』である場合は、相手が話し中になるような状態にあるはず。それはどんな状態なのか?

相手から着信拒否されている

いつ電話をかけても『ずっと話し中』の場合、一番に考えられるのは相手からの着信拒否です。

たまたまその時話し中だった場合は、時間をかけて電話をかけなおせばしっかり繋がる可能性が高いですが、いつ何度かけてもずっと話し中だった場合は着信拒否されている可能性が高いです。

例えばiPhoneの着信拒否機能を使っている場合は、着信音が鳴らずすぐに話し中のプープープーという音声に切り替わります。

通信会社の着信拒否機能を使用していた場合

前述したとおり、iPhoneやスマホの着信拒否機能を使用した場合はすぐに話し中の音声に切り替わりますが、ドコモやau、ソフトバンクのキャリアが設置している着信拒否設定を使用した場合。電話をかけた時は専用のガイダンスが流れるので話し中にはなりません。

この通信会社の着信拒否設定は上記3社のキャリアの電話からでも、「144」に電話をかけることで簡単に設定することができます。

ずっと話し中の相手はこの通信会社の着信拒否設定は使用していないことがわかります。

『おやすみモード』を使用している

スマートフォンの機能に「おやすみモード」があります。

「おやすみモード」は、ゆっくり休みたい夜間などに着信で起こされることがないように、「おやすみモード」をオンにしている間は、スマホの着信や通知音を鳴らなくなります。

この「おやすみモード」は、iPhoneやスマホの簡易設定画面から簡単にオンオフできるため、無意識にオンにしてしまっている場合もあります。

「おやすみモード」になっている相手に電話をかけた場合。『ずっと話し中の 』になるため、相手がずっと話し中の場合は『おやすみモード』を疑いましょう。

この「おやすみモード」は例えば22時〜7時で自動でオンにする。など、時間指定をして自動設定することもできます。とても便利な機能ですが間違えて設定していた場合は厄介ですよね。相手に確認をとることができるならオフにしてもらいましょう。

間違えて着信拒否リストに入れてしまう事も

iPhoneやAndroidの着信拒否機能は、電話アプリ内にある着信拒否をタップする事で簡単に設定できます。

そのため間違えて着信拒否する気がない人を着信拒否リストに加えてしまう可能性もあります。

その場合、設定画面の電話アプリの設定から解除することができるので、相手に別手段で連絡をとることができれば解除をお願いしましょう。

『ずっと話し中』の簡単な解決は?

「おやすみモード」か「端末の拒否設定」どちらか

前述した通り、何度電話をかけても『ずっと話し中』の原因は

「おやすみモード」か「端末の拒否設定」のどちらかということになります。

この2つの原因は相手のスマホの設定から簡単に変更することができるので、相手にSMS(ショートメール)やLINEなどのSNSといった、電話以外の手段で連絡取ることができれば簡単に解決することができます。

相手に連絡できる手段がない場合は、直接会った時に伝えるか、誰かに教えてもらうよう頼むしか手段がありません。ので少し大変ですね。

本当に着信拒否されてしまっていた場合は、かなりきまづいことになりますが。なんとかしたい場合は連絡をとってみましょう。

最近の投稿
RELATED POST