ポケモン

【ポケモン剣盾】「からをやぶる」を使える全ポケモン7種類を比較してみた!「パルシェン」「イワパレス」「カメックス」「バクガメス」「ポットデス」「ガメノデス」「コータス」

からをやぶるポケモン比較!

からをやぶる

攻撃・特殊・素早さを2段階上げ、防御・特防を1段階下げる。

わずか1ターンで抜きエースとしての積み行動をこの技一つで解決させる。

耐久が下がるというデメリットがあるが、「きあいのタスキ」や「しろいハーブ」などのアイテムでその効果をフォローすることが多い。

今回はこの「からをやぶる」をポケモンバトルで使えそうなポケモンを比較してみました!

①パルシェン

②イワパレス

③バクガメス

④ポットデス

⑤カメックス

⑥ガメノデス

⑦コータス

エントリーNO.1「パルシェン」

パルシェンの種族値

HP 50
攻撃 95
防御 180
特攻 85
特防 45
素早さ 70
合計種族値525

技構成:「からをやぶる」「つららばり」「ロックブラスト」「こおりのつぶて」

他技候補:「アクアブレイク」「ハイドロポンプ」「マッドショット」など。

防御種族値が「180」という高水準。物理ポケモンでは一撃では突破は難しい。

特殊方面は神耐久だが、「きあいのタスキ」を持たせる事で安定して「からをやぶる」を積むことができる。

メインウエポンの「つららばり」「ロックブラスト」の連続技を確実に5発当ててくる特性の「スキルリンク」で「きあいのタスキ」や「がんじょう」などを潰しながら攻撃ができる。

更に先制技の「こおりのつぶて」も覚える。

「からをやぶる」という技に、種族値も特性もとてもマッチしており、圧倒的に使用数も多い。パルシェン他の型で使うより圧倒的にこの型の方が強いので、読まれやすく、対策しやすい。

最近は特殊型も多少は存在する(らしい

エントリーNo.2「イワパレス」

イワパレスの種族値

HP 70
攻撃 105
防御 125
特攻 65
特防 75
素早さ 45
合計種族値485

技構成:「からをやぶる」「シザークロス」「ロックブラスト」「じしん」

他技候補「がんせきほう」「ストーンエッジ」「はたきおとす」

特性「がんじょう」を持つため、気合いのタスキ要らずだが、素の素早さが低すぎるため、からをやぶっても素早さで負けてしまうこともある。 

最速イワパレス「からをやぶる」で準速ドラパルトを始め、最速のインテレオンやエースバーンは上を取れる。

最速調整されたドラパルトは「からをやぶる」1回では抜けないため、「カムラのみ」を持たせて更に素早さを1段階上げる。

「最速ドラパルト」まで考慮しないなら、「じゃくてんほけん」を持たせて、更に火力を上げることもできる。

エントリーNo.3「バクガメス」

バクガメスの種族値

HP 60
攻撃 78
防御 135
特攻 91
特防 85
素早さ 36
合計種族値485

技構成:「からをやぶる」「りゅうのはどう」「かえんほうしゃ」「ニトロチャージ」

技候補「ラスターカノン」「チャージビーム」「じしん」「もろはのずつき」「じならし」

攻撃と特攻では、特殊の方が火力が出るため、特殊型の採用が多いが、「じしん」「もろはのずつき」と技範囲を広げるために、両刀での採用も検討しても良い。

「イワパレス」より更に低い素早さ種族値のため、「ニトロチャージ」で更に素早さを上げれるようにしている。

素早さ3段階上昇で最速ドラパルトまで抜けるが、3段階上昇させるまでのステップがなかなか難しい。

最速採用で、「からをやぶる」1回で最速インテレオンまで抜ける。

エントリーNo.4「ポットデス」

ポットデスの種族値

HP 60
攻撃 65
防御 65
特攻 134
特防 114
素早さ 70
合計種族値508

技構成:「からをやぶる」「アシストパワー」「シャドーボール」「バトンタッチ」

技候補「ギガドレイン」「ちからをすいとる」「おにび」

「からをやぶる」と「バトンタッチ」を両立できる珍しいポケモン。「バトンタッチ」で能力を引き継ぐ前提なら持ち物は「しろいハーブ」になることが多く。

自身がアタッカーになるような型なら「きあいのタスキ」が採用される。

物理防御がとても低いため、「しろいハーブ」を持たせた型は物理方面に耐久を厚く振り、一撃で落とされないように工夫する。

「とくこう」種族値がもともと高いため、「からをやぶる」を1回積んだ威力140の「アシストパワー」はかなりの威力が出る。

かなり優秀だが、環境で多い「ミミッキュ」と「ドラパルト」に弱いのが致命的。

エントリーNo.5「カメックス」

カメックスの種族値

HP 79
攻撃 83
防御 100
特攻 85
特防 105
素早さ 78
合計種族値530

技構成:「からをやぶる」「なみのり」「あくのはどう」「れいとうビーム」

候補技:「はどうだん」「ラスターカノン」「ハイドロカノン」「ウェザーボール」「りゅうのはどう」

防御、特防の種族値がどちらも高く。弱点でも一撃で落とされる事は少ないため、持ち物は「しろいハーブ」を持つことが多い。

素早さ種族値は「パルシェン」「ポットデス」より高い78。「からをやぶる」を遂行後、素早さを最速ドラパルトを抜けるように調整すれば後の努力値は耐久に費やせるため、非常に高い耐久値を保てる。

特殊型で使われることが多いが、攻撃種族値も特攻種族値とほとんど変わらないため、物理型や両刀型でも充分活躍できる。

物理型の場合「じしん」「しねんのずつき」「いわなだれ」など、特殊型ではできない技範囲が可能。

エントリーNo.6「ガメノデス」

ガメノデスの種族値

HP 72
攻撃 105
防御 115
特攻 54
特防 86
素早さ 68
合計種族値500

技構成:「からをやぶる」「ロックブラスト」「アクアブレイク」「じしん」

技候補:「つじぎり」「どくづき」「シャドークロー」「ばかぢから」「ドラゴンクロー」

あの「メガメタグロス」と同じ特性「かたいツメ」で接触攻撃技の威力が1.3倍。

合計種族値こそ低いものの、無駄な配分がなくかなり優秀で最速調整「からをやぶる」1回積みで最速スカーフサザンドラよりも速くなる。優秀な技範囲のため覚えさせる技次第で多くのポケモンを役割範囲にすることが可能。構築と相談だろう。

持ち物は最速調整にするなら「きあいのタスキ」を持たせるのが妥当か。カメックスのように催促ドラパルト抜きで耐久寄りに育てて「しろいハーブ」を持たせる型も面白い。

エントリーNo.7「コータス」

コータスの種族値

HP 70
攻撃 85
防御 140
特攻 85
特防 70
素早さ 20
合計種族値470

技構成:「からをやぶる」「ふんえん」「じしん」「ソーラービーム」

技候補:「ヘドロばくだん」「アイアンテール」

この型ではない方が強い。(笑)

すばやさ種族値が20しかないので最速調整して「からをやぶる」を積んだところで最速「ロトム」までしか抜けない。

一応最速調整して「カムラのみ」を持たせれば、最速ドラパルトまで抜けるが、特性「がんじょう」でもないので、確実に「カムラのみ」が発動できるわけでもないし、そこまでしてこの亀を抜きエースにしたいかは微妙なところである。

特性「しろいけむり」は相手からの能力ダウンを無効にできる効果があるが、「からをやぶる」の様に自らが行った能力ダウンは無効にできない。

最近の投稿
RELATED POST