ポケモン

【ポケモン剣盾】ヒヒダルマ!意表をつくダルマモードで全抜きを狙え!!【ヒヒダルマ育成論】

ヒヒダルマのダルマモード育成論

特性「ごりむちゅう」で「こだわりアイテム」とばつぐんの相性を誇るガラルのヒヒダルマですが、そんなヒヒダルマにはもうひとつの強い特性があります。

「ごりむちゅう」ヒヒダルマ育成論

とくせい「ごりむちゅう」ヒヒダルマの育成についてはこちら

特性「ダルマモード」

特性ダルマモードのヒヒダルマは、体力が半分以下になるとダルマモード状態になりフォルムが変化すると共に、種族値も大幅に変化します。

種族値(通常時)

HP 105
攻撃 140
防御 55
特攻 30
特防 55
素早さ 95
合計種族値480

種族値(ダルマモード時)

HP 105
攻撃 160
防御 55
特攻 30
特防 55
素早さ 135
合計種族値540

ダルマモードの種族値は、通常時の種族値と比べて攻撃が20、すばやさが40増加しており、ヒヒダルマの突破力がより高くなります。

ダルマモードヒヒダルマの強さ

高い素早さと攻撃力で制圧

ダルマモードヒヒダルマのすばやさ135という数値は、環境では最速ドラパルトやスカーフ持ち以外は抜き去ることができるため、

攻撃力と共に高い制圧力を誇ることができます。

変化技も活用できる

「ごりむちゅう」ヒヒダルマと比べて、最大の違いは、技が固定されず選択が可能という面です。

変化技も持たせることができる為、「つるぎのまい」「こらえる」などの変化技を駆使して戦うことができます。

「こだわりアイテム」以外を装備できる

「ごりむちゅう」ヒヒダルマは、「こだわりアイテム」以外を持たせる事は可能ですが、特性の性質上、

他の道具を持たせるより、「こだわりスカーフ」や「こだわりハチマキ」を持たせた方が、もともとのデメリットなく使えるので、どうしてもそれが一番強くなります。

(他の型があったら教えてください)

ダルマモードヒヒダルマは、HPが半分以下になると発動するため、他の道具を持たせることができます。

ダルマモードヒヒダルマのオススメ技

①タスキこらえる型

「きあいのタスキ」を持たせることでHP満タンであれば1度耐えるようになり、同時にダルマモードが発動できます。

また「こらえる」を同時採用することで、ステルスロックなどで少し削れている場合でもHP1を残して相手の攻撃を耐えれる為、安定してダルマモードを発動できます。

努力値

攻撃252 素早さ228 残りHP

すばやさ調整ですが

コオリッポ(ナイス)や1積み準速ギャラドスや1積み準速トゲキッス。他にも準速ドラパルトなどの主要ポケモンを抜ける為228振りがオススメです。

技構成

「こらえる」

「つららおとし」

「ほのおのパンチ」

+サブウエポン

技構成は「こらえる」+タイプ一致技+サブウエポンです。

ほのお技は反動がない「ほのおのパンチ」、サブウエポンは「こおり」「ほのお」技が通らないポケモンを打点があるものを選択しましょう

サブウエポンオススメ

「ばかぢから」「アイアンヘッド」「じしん」

「みがわり」「はらだいこ」「カムラのみ」型

ヒヒダルマは「ごりむちゅう」でこだわりアイテム持ちという認識が強い為、受けられる相手に引いてこられることが多い。

その隙をついて「みがわり」を張り、みがわりを盾にして「はらだいこ」を積むと、ちょうど体力がいい感じに1/4になり、「カムラのみ」が発動します。

「はらだいこ」「みがわり」を採用し、HP管理をしながらダルマモードを発動していく型。

ヒヒダルマより早いポケモンに対しては役に立たないような型だが、スカーフ持ちの「ごりむちゅう」も必ず考慮に入れなければいけない為、不利対面でも思わぬ仕事をこなすことがあり面白いです。

性格:努力値

「しんちょう」(とくぼう↑ とくこう↓)

HP252 とくぼう148 すばやさ84 残り防御

はらだいこで耐久を上げること前提なので、攻撃には降らず、守りに性格補正と努力値を振ります。

特防はおくびょうサザンドラのあくのはどうを確定2発の所まで降っています。

素早さは、カムラ発動ダルマモードでスカーフサザンドラ抜き。

(こちらは自分のパーティの抜きたいポケモンと相談して調整してください!)

技構成

「みがわり」

「はらだいこ」

「ほのおのパンチ」

タイプ一致技2つの攻撃技構成ですが、環境に多い水タイプに通らないため、いまいち使いにくい感覚でした。

ヒヒダルマは「ばかぢから」や「じしん」など威力の高いサブウエポンをたくさん覚えるので、そちらを採用しても良いかもしれません。

ダルマモードヒヒダルマまとめ

ごりむちゅうと誤認させろ!

使ってみた感想ですが、「ごりむちゅう」ヒヒダルマと比べて圧倒的に使い勝手は悪いです。

①のタスキこらえる型は

「ドラパルト」と主要スカーフポケモンたちにもう少し素早さが足りないのと、先制技にゲキ弱だったので「ミミッキュ」や「ギルガルド」が見えたら選出段階で、出すのを考えてしまいます。

また攻撃力も素早さも「ごりむちゅう」スカーフ持ちヒヒダルマのほうが上なので

もうそっちでええんちゃう!?みたいな場面がたくさんありましたが、普段対面で勝てない「であいがしら」持ちのアイアントやオノノクスには「こらえる」を使う事で勝てました。

②のはらだいこカムラ型は

対面で半分以上削られる技で殴られたら、はらだいこが積めず、良さがほとんど発揮できません。また先制技にも弱いため選出には注意が必要です。

いかにも「ごりむちゅう」ですよ、同じ技しか打てませんよ。という偽装が大切です。

起点にしたい受けポケモンなどを見極め、選出できる時のみの選出にしないと、腐ってしまいやすいので気をつけましょう。

積み行動さえ成功すれば、素早さも攻撃も①のタスキ型より強く安定したので、明確な役割が持てる強いポケモンだと思いました!

最近の投稿
RELATED POST