ニュース

【消費増税】なぜクレジット決済じゃなくてスマホ決済なのかを今更丁寧に解説してみた

なぜクレジット決済じゃなくてスマホ決済なのか

消費増税の軽減税率制度の開始あたりスマホ決済が話題になっていますね。

paypayやメルペイ、d払い、オリガミペイ、何使って良いかわからないくらいたくさんスマホ決済のアカウントは存在します。

世界的には、今やキャッシュレス決済のシェアはどんどん拡大し、キャッシュレス決済先進国のスウェーデンや韓国では、現金は受け付けない店もある程です。

キャッシュレス後進国である日本は、東京オリンピックを控え、キャッシュレス文化をできるだけ取り入れることができるよう、軽減税率を開始しました。

今回は普及が進むキャッシュレス決済で、何故「クレジットカード決済」ではなく「スマホ決済」がここまで取り上げられているかをわかりやすく解説しました。

なぜクレジットカード決済ではなくスマホ決済なのか

チャージ式で審査が要らない

クレジットカードは勤務先や年収などを様々記入し、審査を受ける必要があるので申込の手続きや、使用までにする事が沢山あります。

一方スマホ決済はアプリをダウンロードし、口座を登録すれば誰でも審査不要で申し込む事ができます。

ダウンロードしてすぐ使えるのは、とても良いですね。

なぜクレジットカード決済ではなくスマホ決済なのか

②クレジットカード決済よりポイント還元率が高い

スマホ決済はクレジットカード決済に比べてポイント還元率が高いです。

クレジットカード決済では基本的に、軽減税率で設定されている。5%還元しか受ける事ができません。

しかしスマホ決済では、各社壮絶なユーザー獲得合戦が繰り広げられており、軽減税率の5%還元の他にも、アプリごとに様々な還元を受ける事ができます。

その還元率も目を疑うほど高いもので、クレジットカード各社が行なっているキャンペーンとは比べものになりません。

同じだけお金払うのなら多くもらえるに越したことはないね!!

11月のスマホ決済各社のキャンペーンまとめ

https://appllio.com/smartphone-payment-campaign-matomeから抜粋

キャンペーン特典適用条件時期
PayPay還元事業5%対象店での支払い額の10%還元期間中に還元事業5%対象店舗でPayPay決済すること2019年10月1日から11月31日まで
楽天ペイ支払い額の5%還元期間中にエントリーかつ全国の加盟店で楽天ペイ決済すること2019年10月1日から12月2日まで
Origami Pay支払い額の3%割引期間中に全国の加盟店でOrigami Pay決済をすること2019年10月1日から2020年1月31日まで
Origami Payコクミンドラッグで使える50%OFFクーポンが最大2枚獲得できる期間中はじめて加盟店でOrigami Pay決済をする、もしくはコクミンドラッグではじめてOrigami Pay決済をすること2019年11月1日から15日まで
au PAY支払い額の最大20%還元auスマートパスプレミアム会員(月額499円)が毎月3日、13日、23日にau PAY決済をすること毎月3日、13日、23日
d払い対象のドラッグストアでの支払い額の10%還元期間中にエントリーかつ対象のドラッグストアでd払い決済すること※ただしdカード以外のクレジットカードを紐付けている場合は対象外2019年11月1日から14日まで
d払いオンラインショップでの支払い額の3%還元毎週金曜日または土曜日に加盟店のオンラインショップでd払いで決済すること毎週金曜日と土曜日

なぜクレジットカード決済ではなくスマホ決済なのか

③スマホ決済とクレジットのポイントダブル獲得も可能。

スマホ決済の支払い方法は、上記にも挙げた銀行口座からのチャージ式とは別に、クレジットカードを決済方法にする事が可能です。

その場合、スマホ決済で支払ったものは、全てクレジット使用として計算されるので、当然クレジットカードに設定されている銀行から引き落とされ、クレジット利用の対象となります。

その為、上に記載しているスマホ決済のポイントを獲得出来るのは勿論。クレジットカードも使用したことになるので、クレジット決済のポイントも重ねて受け取る事ができます。

直接クレジットカードで決済するよりも必ずスマホ決済をはさんだ方がお得と言うことですな!!

是非あなたも今日からスマホ決済を使ってみてください!

最近の投稿
RELATED POST