ニュース

大企業「吉本興業」に物申す。闇営業騒動から松本興業までの流れをもっと詳しくまとめてみた

2019年7月20日

宮迫博之さん、田村亮さんが、吉本興業に所属する芸人11人が、カラテカ入江を仲介とし、反社会勢力へ闇営業した案件について初めて会見を開きました。

6月の時点で話の争点は

①営業先が「反社会勢力」と知っていたか、知らなかったのか

②闇営業で「ギャラ」を貰ったのか、貰っていないのか

の2点に注目されていました。

2019年6月8日

宮迫博之さん、田村亮さん共に自身のTwitterのアカウントなどの公式コメントとして

①反社会勢力とは知らなかった

②ギャラは貰っていなかった

と発表されていたのにも関わらず

2019年6月24日

やはりギャラは発生していたと報道されます。2019年7月13日にはその額まで報道されてしまいました。

詳しい流れを纏めた記事はこちら

なので今回

2019年7月20日に行われた会見は

①何故「ギャラを貰っていなかった」と嘘をつかなければならなかったのか。

②何故11人も芸人が謹慎になるような大事になったにも関わらず、「会見を開くのがこんなにも遅れてしまったのか」

という2点が論点に上がりました。

吉本興業に会見を止められていた

2019年6月8日

FRIDAYに闇営業に参加した芸人として名前が挙がった時点で、

田村亮さんは吉本興業に相談に行ったところ

静観「行動をせず、成り行きを見守る」を求められ本当のことを言うことを吉本興業に阻止されていたともとれる発言をしています。

2019年6月24日

ギャラが発生していたという報道があった際、宮迫博之さんと田村亮さんは、吉本興業側にもう一度会見を開きたいと懇願するも、

「やってもええけど全員連帯責任でクビにするからな」と社長に言われたそうです。

2019年7月8日

「会見をしてもいいがタイミングは吉本興業側が指示を出す。」という発言に、2人は弁護士を立てる決意をする。

都合の悪いことは世に出て欲しくない

「契約解消」か「謝罪会見」かの選択を迫られた宮迫博之さんが「自分が辞めても良いから」とまで言って開くことにこぎつけた会見だが、

いざ会見をするとなった時に、「この台本をきちんと読めるように練習をしておいてください」

と決まった事のみを喋らせようとする姿勢。

ヘタなことを言われたくない…という真っ黒い腹の中身が露呈しました。

吉本は家族…ではない??

田村亮さんは会見で、

「家族なら正しいことを会見で伝えたい」と言うことを止めるのはおかしい

と強く言っていました。

筆者は吉本の芸人は契約書で繋がっていない「家族」とよく似た関係と以前聞いたことがあります。

今回の闇営業事件で、吉本興業が芸人達にした行動はとても悲しく、辛いものだったと言えるでしょう。

お笑い芸人は、人を笑わせてナンボ。

2019年6月から現在まで、色んな局の色んな番組で私達視聴者は

今までテレビの中で僕たちを笑わせてくれた、芸人達の悲しそうな顔、残念そうな顔を見てきました。

松本動きます

松本人志さんは、宮迫博之さんと田村亮さんの会見を見て、自身の公式Twitterでこう呟きます。

そして、一夜明けて、

ワイドナショー緊急生放送

松本人志さんは、

「僕の知らなかったことが多すぎて、だまされた気になった。信頼関係がない会社はよくないし、吉本興業がこのままでは壊れていくという危機感を持った」

人を楽しませたい、人を笑わせたいと一生懸命に頑張っている芸人達が、テレビでは頑張っているけど、やっぱり裏では、不安で表情が暗い。

ギャラをやはり貰っていることが発覚したとき、会社としてはどうするか聞いたら『静観します』と言われたので、その時に『僕は吉本興業にいたくないかも。考えさせてください。こんな会社だったら駄目だと思うから』って言いました」と、退社すら考えたということも告白した。

「芸人ファーストでなければならない。芸人のギャラの問題や、会社が変わらないといけない」「また小さな事務所で黒電話2つとホワイトボードから始まった写真に帰らなければならない」と

吉本興業を批判し、芸人を擁護する姿勢をとり続けました

「お笑いとお笑いを好きな人が好き」という言葉にはかなりジーンときた

松本人志を見習って、大企業の姿勢を変えろ!

今回の松本人志さんの、姿勢は企業で働く全ての人に勇気を与えると思います。

現在の日本企業体系には様々な問題があり、そこで働く日本国民は現在の自分の仕事に不満と不安を持って働いている日本人は、本当に数えきれないほどいると思います。

「低賃金・長時間労働」「未だに年功序列の賃金体系で実力があっても努力しても給与に反映されることはない」「契約社員・アルバイトで正社員と同じような仕事内容にも関わらず賃金は大きく違う」「コンビニフランチャイズ問題」「有給とれない・ボーナスなしが普通」「転勤強制」「低賃金にも関わらず副業禁止」「退職金は減る一方」

だいたいの人は、いくら自分が働く企業に対して、不満があったとしても…

会社での立場が大切…生活のためなんだから、反論してクビにでもなったらたまったもんじゃない。

と行動に起こせない人が殆どです。

何故企業の悪習が変わらないのか

私たち、日本の経済を支える貴重なはずの企業戦士は企業になくてはならない存在。

しかし企業は私達を何故こんなに都合良く使うのか…と言うと

俺たちが声をあげないからなんだよねぇー文句を言わないから文句はないと判断してるんだろうね

仕事はあなたの貴重な人生の殆どを占める大切な存在

企業は人間ではありませんが

企業を作っているのは人間です。

代表取締役も専務も、部長も課長も係長も、平社員も、契約社員もアルバイトも全ての人間であり、そこの人間としての価値の優劣は勿論つけ難いものです。

自分が働く企業へ不満があった場合、仕事へのモチベーションを保つ事は難しいです。

仕事へのやりがいを見つけても、いくら向上心を持っていたとしても、少し会社へ不満があれば、それが不安や信頼の欠如につながります。

人生一度きり、人生の貴重な時間の大半を過ごす「仕事」だからこそ、充実した時間を過ごしたいものですね。

今回松本人志さんが、大企業の吉本興業へ真っ向から批判しました

その理由は「良い会社」「良いお笑い」を作っていこうと真っ直ぐに考えた結果なのでしょうが、この企業への必死の訴えが

もし受理されて、会社が少しでも改善に向かえばとても素晴らしい事だと思います。

日本企業に蔓延る悪習が今回の件で少しでも見直されるとよいですね。

自分の会社に直接文句言ったらクビになるかもしれんという思考回路に陥ってしまってること自体がもうなんか嫌

https://dot.asahi.com/amp/wa/2019072000042.html

https://www.fujitv.co.jp/widna-show/

https://www.fujitv.co.jp/s_cx/index.html

https://abema.tv/ から参照

最近の投稿
RELATED POST