子育てドラマーもだっちのブツクサ!
子育て

必読!赤ちゃんがいる暮らしで注意すべきこと5選

おはようございますもだっちです。

うちの子も今月で1歳3月になります。

ひとりめの育児という事で、夫婦で戸惑う事もありますが、両親の協力もあり、順調に進んでいます。

今回は私たち夫婦が0歳児と過ごし、注意してきたことについて書いています。


①誤飲に注意

寝返りやハイハイがはじまり、ある程度自由に動けるようになると、好奇心旺盛な赤ちゃんは触れたものすべてを口に入れるようになります。

間違えて飲んでしまうと命に関わる危険なものもありますので、子供の手の届く範囲には飲み込めるような小さいものは置かないのが無難です。


子供用のおもちゃのボタン電池を交換し、片付け忘れ誤飲

ポケットに小銭を入れたまま帰宅し、その小銭が床に落ち誤飲

タバコの箱を放置して誤飲

灰皿にした空き缶などを放置して誤飲

とれた付け爪に気付かないまま誤飲

上記以外のものでも、可能性は無限にあります。

本当に気をつけてください


②コンセント周りに注意

赤ちゃんはなぜかコードやコンセントが好きです。

うちでも、携帯の充電器にまっしぐら。

気がついたら充電器の先を舐められてることが良くありました。

そのせいで何個か充電器は買い換える羽目に…

その程度で済めば良いのですが、

ヘアピンやピンセットなど尖った金属の先をコンセントに突っ込んでしまった場合

感電し救急搬送って事も考えられます。

コンセント用のカバーなども売っています。

皆さまの家庭に合ったやり方で、事前に対策することをオススメします


③音を気にかける

テレビ・スマホの音、足音や食器洗いの音、玄関や部屋のドアの開閉、電子レンジ、服を羽織るバサッという音やビニール袋のガサガサ音まで、普段私達は生活の中で様々な音を出しています。

子育てを始めると、子供がいない時には多少大きくても全く気にならなかった音が、気になるようになります。

小さな赤ちゃんは、大人の何倍も音に敏感で、ぐっすり眠っているように見える場合でも、ビニール袋のちょっとしたガサガサ音で起きてしまう場合があります。

泣きに泣きまくって2時間かけてやっとの思いで寝てくれた子供を、外を通る選挙カーの音で起こされたりしたら本当に辛いのです。

ましてや家族の不注意でそのような状況が起こる場合。家庭内の空気は騒然としたものになることは間違いありません。

赤ちゃんが起きている場合でも、突然大きな音や大きな声を出すとびっくりして泣き出すかもしれませんので、自重しましょう。

(我が家は大音量でドラムを叩いても全く動じませんが)


④お出かけは一大事

子供連れのお出かけはかなりの労力を要します。

以下の2つの理由でお出かけ前はかなり気合いを入れています

◎荷物が増える

着替え、粉ミルク、哺乳瓶、オムツ、お尻拭き、手拭き 、ミルク溶かすためのお湯を入れた水筒、などかなりの荷物を持ち歩く必要があります。

◎危険が増える

外出は自宅の何倍も危険が潜んでいます。

慣れない環境(カフェや自宅以外の場所)に身を置いてしばらく過ごす時は、赤ちゃんに危険な環境ではないかを短時間で見極め、場合によってら危険を取り除いたりする必要があります。

勿論、外は自動車や自転車、歩行者全てが危険で、一瞬も気をぬくことはできません。

その他様々なことを想定しながら、行動する必要がある為想像以上に労力を要します。

⑤写真を残す

大切な赤ちゃんは見ないうちにすぐに大きくなります。

今日の仕草や表情は大きくなったらもうしないかもしれません。

そして大きくなってしまったら、今の大変さに気を奪われ、昔の大切なあなたの子供の小さい頃を忘れがちです。

今の大切な一瞬を写真や動画に、たくさん残しておくことをオススメします。


今日は以上です。

読んで頂いてありがとうございます。

また明日。

もだっちでした。



もだっち

Twitter:https://mobile.twitter.com/ui_mko

サラリーマン/子育て/ブロガー/愛妻家/jazzドラマー/jazzと嫁ポケモンが大好き

もだっち

もだっち

THANK YOU for READING

Twitter:https://mobile.twitter.com/ui_mko

DMお待ちしてます

サラリーマン/子育て/ブロガー/愛妻家/jazzドラマー/jazzと嫁とポケモンが大好き

 

RELATED POST